社員のしあわせが、お客様第一主義に直結

多種多様な要求に対応できること。21世紀の新しい営業スタイル

提案型営業とシステム管理で物流をコーディネイト(トータルコーディネイト)

“情報キーステーション”-私たちは業界の動向や変化をいち早く供給する情報発信基地としての役割を担ってきました。だから蓄積した情報を生かし、コストを抑えた仕入れ方法や品不足を予測した在庫管理など、システム管理を早くから確立させることができたのです。新商品の開発を素早く需要家に知らせ、入手した新素材をメーカーに提案する営業スタイルを実践する笹野マックス。受注から納品までの一貫した業務にきめ細かに対応し、幅広い意味での非鉄金属界をサポートしています。

受発注一元管理システムの提案

フランチャイズチェーン企業の店舗建築における最大のテーマは、店舗展開であります。設計、建築、オープン及び維持管理における各業務の効率化・省力化、工期の短縮とコスト管理が店舗展開に繋がると考えています。
店舗建築及び、維持管理の効率化・省力化を図るには、資材の仕様・工法の統一(標準化)を図ることが重要となります。
笹野マックスでは、店舗建築の標準化にあわせた効率的な資材調達と提供(受発注の一元管理)システムを提案し、フランチャイズチェーン企業独自の店舗建築システムの構築を積極的にサポートさせていただいています。


詳細は営業部第1グループまでお問い合わせください 

優れた加工技術が新しい商品をカタチづくる

規格や品質、形状など、複雑な要望が多くなってきている昨今の非鉄金属製品。そんなメーカーのニーズに応えるため、私たちは自ら加工品を製作できる工場を設け、万全の体制を整えています。
最新鋭の設備と技術によって生まれた商品は、自信を持ってお届けできるものばかりです。
笹野マックスは半導体の制御装置をはじめ、通信関係や建設関係まで、さまざまな業界に役立つ自社製の加工品も販売しています。最近ではプリント基板などの半完成品に近い製品も受注。
そのため、商品に合った加工を施せる専属工場を常に使い分けて対応しています。
もちろんお客様の要望に合わせ、製品化に必要な検査からパッケージ、倉庫での保管、発送、配達までトータルコーディネイトすることも可能。
精度の高い技術と、新素材に対する柔軟なアイデアで、新製品の開発事業を切り拓いています。